Butterfly Kiss 21

鑑賞「空港プロジェクト」

2017/09/04 14:54 음악감상
사용자 삽입 이미지
私が「空港プロジェクト」というアルバムの存在を初めて知ったのは今年の6月、FaceBook友達の投稿からでした。noteというクリエイター向けのSNSで色々才能を持っている方々が集まってコラボアルバムという音盤をリリースする企画でした。

私が在住している韓国にも似ていた形のインディーバンドとか自主製作の音楽などいっぱいありますが普通はデジタルシングルでネット上で公開するのでCDというメディアで伝統的な方式の販売形式を取るのが面白いではないかと思いました。

結局、CDアルバム「空港プロジェクト」は8月の中盤リリースされ色々ありましたが三日前私の手元に落ちることになりました。

30点限定、すなわち全世界にこのようなアナログ的なデジタルCDを所有している人は最大30人しかないってことですね。なんかいい気になってしまいます。
사용자 삽입 이미지
ブックレットとCDケースが一体化されているジャケットは商用製品と比べて全然負けないくらいのハイクオリティー。綺麗な海の写真、面白いイラスト、アルバムに参加していた皆さんのコメント、そしてプロデューサーのAIRPORTのお二人様の直筆サイン入りの挨拶カードまで立派なパッケージです。特にアセトン転写(実はどんな方法かさっぱりわからないです。)で印刷されているCDのラベルは30枚それぞれの文様になり、通常の商業量産CD製品とはレベルが違うユニークさを感じることが出来ました。

試聴は最初の二日間はiTunesでAACファイル形式16ビット256kbps VBR仕様で変換しiPhoneとイヤーフォンを利用しました。その次はまる一日、WAV形式の16ビット44.1KhzのCDの原音そのままでアンプと拡声器を使用して試聴しました。三日かけてほぼ50回以上繰り返し視聴したと思います。

私は音楽のことあんまり知らないですがびっくりしました。すごくいい曲ばかりでした。フォークロックをベースにしてブルージーでもあんまり暗くないAIRPORTkeiさんの歌声が魅力的です。もちろん、フィーチャリングのちびまゆさん、南かのんさんの独特な歌声も最高だっと思います。

飛行機の機内放送で始まるフォーマットは2004年リリースの川瀬智子の「Tommy Airline」、2005年リリースのカプセルの「NEXUS-2060」と似ている感じですが前者は機内音楽チャネル、後者は宇宙リゾート行きのスペースシャトルというイメージだったので一曲一曲が一つの空港という設定はとてもいいセンスだっと思います。フィーチャリングの場合は〇〇空港XX線と表記された心遣いも素敵だと思います。

収録曲の中ではこのアルバムのため新しく作詞、作曲したものもあるし参加クリエイターさんの美しい詩にメロディーを付けて立派な楽曲にしたものも以前、公開した歌をアレンジして再度公開した曲もあるらしいです。なゆた空港の切なさ、フォークのチクタク空港、ロックの思い満載のイーグル空港、特にエレクトロギータのみで演奏する花介空港はすごかったです。
사용자 삽입 이미지
HiFi向けのレファレンス音盤と比べるのは無理ですが録音のレベルも非常に高いです。ですがマスタリングの際イヤーフォン、ヘッドフォンの音を基準にしたのではないかと思います。ベースの音が必要以上厚くマスタリングされ音のスピードが遅くなり全体の音の解像力も鈍ってしまった感じです。欠点はこれしか発見出来ませんでした。(実はこれも私個人の趣向ではないかと思います。)商用アルバムにもとんでもないミスが多い場合をよく経験していましたので「空港プロジェクト」がどれほど優れた音を持っているのか確実に体験することが出来ました。

私はこのプロジェクトの参加人ではありません。ただ機会が出来てこの素晴らしいアルバムを聴くことが出来たラッキーな人です。「空港プロジェクト」を試聴していた46分間、すごく楽しでした。羨ましでした。そして幸せでした。「空港プロジェクト」のご参加の皆さん、本当にありがとうございます。

ここまでの鑑賞は韓国人が作成したもので本音70%、礼儀20%、企み10%で構成されています。何卒ご参考のほうよろしくお願いします。
사용자 삽입 이미지
試聴装備
Transport : SD Trans 384
DAC : Northstar Design Essensio 192/34
Line Stage : Bakoon Products SCA-7610MK3
Amplifier : Bakoon Products SCA-7511MK3
Loud Speaker : Callas Audio Skylark
Inter Connector : Nevox Oistrakh, SATRI Link
Loud Speaker Wire : Neovox Paganini MK2
Power Code : Siltech SPO-12MF with Oyaide P037 Termination
크리에이티브 커먼즈 라이센스
Creative Commons License
2017/09/04 14:54 2017/09/04 14:54
맨 위로

2012년 2월 영화 일기

2012/03/20 12:43 영화일기
20. 괴담 怪談 1965
      고바야시 마사키 小林正樹 일본
21. 미카드로이드 ミカドロイド 1991
      하라구찌 토모오 原口智生 일본
22. 셔터 아일랜드 Shutter Island 2010
      마틴 스콜세지 Martin Scorsese 미국
23. 카 Cars 2006
      존 라세터, 조 랜트 John Lasseter, Joe Ranft 미국
24. 사구 Dune 1984
      데이빗 린치 David Lynch 미국
25. 슈퍼배드 Despicable Me 2010
      피에르 꼬팽, 크리스 리노드 Pierre Coffin, Chris Renaud 미국
26. 솔트 SALT 2010
      필립 노이스 Phillip Noyce 미국
27. 레드라인 Redline 2010
      코이케 다케시 小池健 일본
28. 프레데터스 Predators 2011
      님로드 앤탈 Nimrod Antal 미국
29. 종횡사해 縱橫四海 1991
      오우삼 John Woo 홍콩
30. 인 타임 In Time 2011
      앤드류 니콜 Andrew Niccol 미국
31. 이브의 시간 극장판 イヴの時間 2010
      요시우라 야스히로 吉浦康裕 일본
32. 사일런트 힐 Silent Hill 2006
      크리스또프 강 Christophe Gans 미국
33. 블랙잭 극장판 두명의 검은 의사 ブラック・ジャック ふたりの黒い医者 2005
      테즈카 마코토 手塚眞 일본
34. 시리아나 Syriana 2005
      스티븐 개건 Stephen Gaghan 미국
35. 별을 쫓는 아이 星を追う子ども 2011
      신카이 마코토 新海誠 일본
크리에이티브 커먼즈 라이센스
Creative Commons License
2012/03/20 12:43 2012/03/20 12:43
맨 위로

2012년 1월 영화 일기

2012/01/31 13:28 영화일기
1. 월드 인베이젼 World Invasion:Battle Los Angeles 2011
   조나단 리브스만 Jonathan Liebesman 미국
2. 간츠 - 퍼펙트 앤서 Gantz:Perfect Answer 2011
   사토 신스케 佐藤信介 일본
3. 프린세스 토요토미 プリンセストヨトミ 2011
   스즈키 마사유키 鈴木雅之 일본
4. 상실의 시대 ノルウェイの森 2010
   트란 안 훙 Tran Anh Hung 일본
5. 써니 2011
   강형철 한국
6. 저주의 저택 피를 빠는 눈 呪いの館 血を吸う眼 1971
   야마모토 미치오 山本迪夫 일본
7. 노라게키 ノラゲキ 2011
   안도 히로아키 安藤裕章 일본
8. 극장판 기동전사 건담 00 -A wakening of the Trailblazer- 劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- 2010
   미즈시마 세이지 水島精二 일본
9. 황해 2010
   나홍진 한국
10. 아.웅 あ・うん 1989
     후루하타 야스오 降旗康男 일본
11. 부당거래 2010
     류승완 한국
12. W의 비극 Wの悲劇 1984
     사와이 신이치로 澤井信一郎 일본
13. 그린랜턴:반지의 선택 Green Lantern 2011
     마틴 캠밸 Martin Campbell 미국
14. 루팡3세 에피소드:0 퍼스트 컨텍 ルパン三世 EPISODE:0 ファーストコンタクト 2002
     오오하라 미노루 大原実 일본
15. 초시공요새 마크로스 II -LOVERS AGAIN- 超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN- 1992
     야타가이 겐이치 八谷賢一 일본
16. 썸머 오브 샘 Summer of Sam 1999
     스파이크 리 Spike Lee 미국
17. 미래혹성 자도즈 Zardoz 1974
     존 부어맨 John Boorman 미국
18. 레드 RED 2010
     로베르트 슈벤트케 Robert Schwentke 미국
19. 태양의 왕자 호루스의 대모험 太陽の王子ホルスの大冒険 1968
     다카하타 이사오 高畑勲 일본
크리에이티브 커먼즈 라이센스
Creative Commons License
2012/01/31 13:28 2012/01/31 13:28
맨 위로